高音質を追求したサイバーナビXシリーズ、2019冬モデル2機種を発売

AVIC-CL902XS II
AVIC-CL902XS II全 6 枚写真をすべて見る

パイオニアは、高音質技術と高音質パーツを採用したハイエンドオーディオカーナビ「サイバーナビ Xシリーズ」の2019年冬モデル「AVIC-CL902XS II」「AVIC-CZ902XS II」を11月より発売する。

2018年6月に発売されたサイバーナビXシリーズは、パイオニアがハイエンドカーオーディオ「カロッツェリアX」で培ってきた音響技術や、ハイエンドホームオーディオ「TAD」より継承した技術開発思想を基に開発したハイエンドオーディオカーナビだ。

銅メッキシャーシなどによる徹底的なノイズコントロールに加え、静音化と制振化を追求し、シャーシ構造を大幅に強化するとともに、新日本無線社の「MUSESシリーズ」のハイエンドオーディオ用オペアンプなど、音質にこだわり抜いた最高品位の高音質パーツを惜しみなく投入。さらに電源供給やスピーカー出力などの役割を担う電源ケーブルと、外部のパワーアンプへ音楽信号を伝送するAV入出力ケーブルにOFC(無酸素銅:Oxygen-Free Copper)を採用。音響技術者が試聴を繰り返し、細部に至るまで徹底的にチューニングを繰り返すことで、微細な音が埋もれることのない、純粋無垢な原音再生を実現している。
価格(税別)は8型モデルのAVIC-CL902XS IIが27万8000円、7型のAVIC-CZ902XS IIが24万8000円。いずれも最新の道路/地点データ情報に更新できる無料バージョンアップ最大3年分が付帯する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • リモート授業の様子
  • サイバーナビ「AVIC-CQ910-DC」取付イメージ
  • パイオニア(ジャパンキャンピングカーショー2020)
  • “つなぎ放題”の実現で、YouTubeなどストリーミング動画が存分に楽しめるようになった新型サイバーナビ
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ