【メルセデスベンツ GLC/GLCクーペ 改良新型】内外装刷新、MBUXや最新運転支援システム搭載 価格690万円より

メルセデス・ベンツ GLC/GLCクーペ 改良新型
メルセデス・ベンツ GLC/GLCクーペ 改良新型全 17 枚写真をすべて見る

メルセデス・ベンツ日本は、ミドルサイズSUV『GLC』『GLCクーペ』改良新型(Mercedes-Benz GLC-Class)を発表、10月3日より注文受付を開始する。

GLC/GLCクーペ改良新型は、プレミアムSUVとしての特性はそのままに、内外装デザインを一新。また、対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツユーザーエクスペリエンス)」と最新の安全運転支援システムを採用する。

エクステリアは、クローム仕上げのアンダーガードと2本のパワードームをあしらったボンネットがSUVとしての存在感とパワーを表現。ラジエターグリル内には特徴的なツインルーバーデザインを装備し、SUVらしさを強調する。リアはバンパーとエグゾーストエンドを一新。フルLEDリアコンビネーションランプも意匠を変更し、メルセデスSUVならではのブロックデザインとした。

インテリアでは、ナビゲーションやエンターテインメントシステムを表示する高精細10.25インチ「ワイドディスプレイ」を装備する。ステアリングホイールはSクラスと同デザインの最新世代を採用。上質かつスポーティなデザインとしたほか、ナビゲーション操作や車両の設定などが行える「タッチコントロールボタン」や、「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)」を設定するスイッチも備える。メルセデスAMG GLC 63 4MATICクーペメルセデスAMG GLC 63 4MATICクーペ写真をすべて見る

また、自然対話式音声認識機能を備えた最新インフォテインメントシステム「MBUX」を搭載する。ボイスコントロールは「Hi(ハイ), Mercedes(メルセデス)」をキーワードとして起動。目的地入力や電話通話、音楽選択、メッセージ入力・読み上げ、気象情報といったインフォテインメント機能に加え、クライメートコントロール、各種ヒーター、照明など多様な便利機能にも対応している。

運転支援システムは、『Cクラス』や『Sクラス』と同等の最新世代を全モデルで標準装備する。新採用の「アクティブブレーキアシスト (歩行者/飛び出し/右折時対向車検知機能付)」は、対向車線を横切って右折しようとするときに、対向車線の直進車をフロントの長距離レーダーセンサーとステレオマルチパーパスカメラによって検知。衝突の危険がある場合、車速10km/h以内であれば自動ブレーキが作動する。

パワートレインは最高出力194ps/最大トルク400Nmを発生する2.0リットル直列4気筒クリーンディーゼルターボエンジン、最高出力258ps、最大トルク370Nmを発生する2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを用意。AMG 43シリーズには最高出力を390psまで高めた3.0リットルV6ツインターボを、AMG 63シリーズには4.0リットルV6ツインターボを搭載する。

価格はGLCが690万円から1487万円、GLCクーペが721万円から1519万円。

《纐纈敏也@DAYS》

【画像】【メルセデスベンツ GLC/GLCクーペ 改良新型】内外装刷新、MBUXや最新運転支援システム搭載 価格690万円より(17枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタの大型ピックアップ、新型が9月19日米デビューへ
  2. トヨタ RAV4 に2022年型、新LEDライトで表情変化…欧州で先行発表
  3. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  4. マツダ CX-5 改良新型、表情一新…米国で先行発表
  5. スズキ ジムニー&ジムニーシエラ 一部仕様変更…オートライトシステム標準化など
  6. 日野プロフィア、3万4000台をリコール 異常燃焼発生で走行不能
  7. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  8. 寝台特急『サンライズ』が乗務員扉を開いたまま走行…原因は車掌の施錠ミス
  9. 【BMW アルピナ B3 新型試乗】遊びよりも安定性を最優先した走り…渡辺陽一郎
  10. ジープ初のピックアップトラック『グラディエーター』日本導入決定
ランキングをもっと見る