小型二輪車新車販売、4メーカー増加で10.6%増の4万0060 2019年度上半期

カワサキ Z900RS(キャンディトーングリーン)
カワサキ Z900RS(キャンディトーングリーン)全 1 枚写真をすべて見る

全国軽自動車協会連合会は10月2日、2018年度上半期(4~9月)の小型二輪車新車販売台数を発表。前年同期比10.6%増の4万0060台で、2年ぶりのプラスとなった。

メーカー別では、カワサキが同27.2%増の1万0313台で2年連続トップとなった。2位は前年同様ホンダで同14.7%増の7272台、3位ヤマハは同6.7%増の6631台、スズキは同22.7%増の3770台。国内4メーカーはすべてプラスとなった。輸入車などのその他は同1.9%増の1万2074台だった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ セロー250ファイナルエディション
  • トライアンフモーターサイクルズがジェームズ・ボンド007シリーズ 第25作目 「No Time To Die」とEON Productionsとの新たなパートナーシップを締結
  • 全国からFTR1200オーナー達が集まった
  • BMWモトラッドの新型2気筒ボクサーエンジン
  • ホンダ アフリカツイン 新型(CRF1100L Africa Twin)
  • ハーレーダビッドソンとレザージャケット
  • カワサキ Z900(2020年モデル)
  • BATTLAXクラシックレーシングCR11

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/10/05/327259.html/article/2019/10/05/327258.html/article/2019/10/05/327260.html