千葉県のJR久留里線が10月11日に全線再開へ 台風15号

10月11日午後の列車から、およそ1か月ぶりに全線再開することになった久留里線。写真は上総亀山駅。
10月11日午後の列車から、およそ1か月ぶりに全線再開することになった久留里線。写真は上総亀山駅。全 3 枚写真をすべて見る

JR東日本千葉支社は10月8日、台風15号の影響で運行見合せが続いていた久留里線(木更津~上総亀山)が10月11日に全線再開する見込みになったと発表した。

同線では9月8日深夜から9日未明にかけて千葉県を襲った台風15号に伴ない、久留里~平山間で盛土流出、上総松丘~上総亀山間で倒木が発生。袖ヶ浦市内の横田、東横田の両駅が損壊するなど大きな被害を受け、全線で運行を見合わせていた。

このうち木更津~久留里間については9月20日夜から運行を再開。残る久留里~上総亀山間についてはマイクロバスや乗合タクシーによる代行輸送を実施している。

10月11日は、下りが木更津13時01分発上総亀山行き、上りが上総亀山14時26分発木更津行きから再開する予定で、翌12日は始発から再開する予定。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 臨時特急『鳥海』に使用される国鉄色のE653系。なお今回の『鳥海』は定期時代の『鳥海』とは異なり、新発田~新潟間が白新線経由となる模様。
  • 『日比谷OKUROJI』の内観イメージ
  • 上越国境を抜ける新清水トンネル内に設けられた土合駅の下りホーム。週末は登山客でややにぎわうものの、平日の利用者はほとんどいない。
  • 3月1日からnimocaが導入される松浦鉄道。
  • 『志国高知 幕末維新号』のイメージ。幕末、土佐の脱藩浪士は京都を拠点に活躍したが、車両も脱藩?し、京都に来ることになった。
  • 静岡工区の着工遅れから、2027年開業の当初予定が揺らぎつつあるリニア中央新幹線。国交省は今後、有識者や関係省庁で知見も持つ者などからなる会議を設けて、科学的・工学的な見地から議論の検証を進めていく方法も考えられるとしている。
  • 全線再開を記念して掲出されるロゴ(左)やポスター(右)。
  • 現在の札幌駅南口。奧に見えるJRタワーの隣に建つ白い「札幌エスタ」(階下が札幌駅前バスターミナル)部分が「北5西2街区」に相当し、そのさらに奧が新幹線札幌駅と再開発ビル、交通広場が一体的に整備される「北5西1街区」となる。

ピックアップ