ロールスロイス世界販売、日本は11.3%増 2019年1-9月

ロールスロイス・カリナン
ロールスロイス・カリナン全 3 枚写真をすべて見る

ロールスロイスモーターカーズ(Rolls-Royce Motor Cars)は10月11日、2019年1~9月の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は3777台。前年同期比は42%増と大きく伸びた。

販売が増えた要因は、全モデルに対する需要が伸びたため。とくに、『レイス』の「ブラックバッジ」の販売が好調だった。

ロールスロイスは2019年初頭、新型SUVの『カリナン』の納車を開始した。ロールスロイスによると、カリナンに対する受注は非常に好調で、2020年第1四半期(1~3月)生産分まで、受注が埋まっているという。

2019年1~9月の市場別の販売実績では、日本が168台を売り上げた。前年同期比は11.3%増と、2桁増を達成する。

ロールスロイスの2018年の世界新車販売は、同社の115年の歴史で過去最高の4107台だった。前年比は22.2%増と、2年ぶりに前年実績を上回っている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ロールスロイス・ゴースト 次期型のティザースケッチ
  • ロールスロイス・ゴースト 次期型のティザースケッチ
  • ロールスロイス・ゴースト 次期型のティザースケッチ
  • ロールスロイス・カリナン
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ