新ブランド マレリ、次世代キャビンなど出展予定…東京モーターショー2019

マレリ ブースイメージ
マレリ ブースイメージ全 4 枚写真をすべて見る

大手自動車関連サプライヤーのマレリは、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」に、新ブランド「マレリ(MARELLI)」として初めて出展する。

マレリは、カルソニックカンセイとマニエッティ・マレリが経営統合して誕生した、世界第7位の独立系自動車関連サプライヤー。新ブランドのコンセプト「Powering Progress Together(ともに成長を加速していく)」は、変革の時代を迎えている自動車業界にて、メーカーが自信をもって事業を進め成功を収められるよう、全力で貢献したいという同社の意志の表れだ。

マレリブースは、「インテリアエクスペリエンス」「オートノマスドライビング」「コネクテッドシステム」「エレトリフィケイション」「クリーンテクノロジー」といった技術領域に、「モータースポーツ」を加えた6領域で構成する。

インテリアエクスペリエンス領域では、個々の移動における経験価値を最大化するコンセプトモデル「ヒューマン-マックス キャビン」を展示。マレリの内装、電子、空調を統合し、パーソナライゼーション機能を充実させることで、自分のために設えられた最高に居心地の良い空間を実現する。

オートノマスドライビングでは、自動運転用センサー統合ランプユニット「スマートコーナー」を紹介。自動運転用に周辺環境マップを作成する各種センサー(光検知器、LiDARモジュール、短/長距離レーダー)をフロントおよびリアランプユニットに、コンパクトに統合した。

このほかの技術領域でも、マレリの製品・サービスを展示。モータースポーツ領域では、マクラーレン・レーシングのF1マシン(実物)を展示する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • CES 2020 《photo (c) Getty Images》
  • マレリ(ロゴ)
  • マレリ(ロゴ)
  • マレリのベダ・ボルゼニウス社長兼CEO
  • 日産 フェアレディZ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェラーリ プロサングエ
  • メルセデスベンツ Eクラス カブリオレ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW SMV 市販プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ