東北本線の全線再開は10月29日を予定…貨物列車は10月30日発から通常運行 台風19号

10月30日(始発駅基準)から通常運行される予定となった東北本線の貨物列車。
10月30日(始発駅基準)から通常運行される予定となった東北本線の貨物列車。全 1 枚写真をすべて見る

JR貨物は10月24日、台風19号の影響により福島県内で一部不通となっている東北本線再開後の運行計画を発表した。

東北本線は現在、新白河~安積永盛(あさかながもり)間で路盤流出、本宮~松川間で盛土流出が発生したことにより、矢吹~安積永盛間と本宮~松川間で運行を見合わせているが、前者は10月29日、後者は10月26日に再開される予定となっている。

これを受けて当該区間を通過する東北本線の貨物列車は、一部を除き始発駅を10月29日午後以降に発車する列車(10月29日集荷に対応する列車)から運行を再開。始発駅を10月30日以降に発車する列車からは通常運行するとしている。

東北本線では現在、新白河~郡山貨物ターミナル~岩沼間で貨物列車の運行が見合せとなっており、一部はトラックや船舶による代替輸送を実施。隅田川~札幌貨物ターミナル間や名古屋貨物ターミナル~札幌貨物ターミナル間の列車では日本海縦貫線を経由する迂回運行が行なわれている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 「こどもから大人まで幅広い世代の方々が、この『DORAEMON-GO!』に乗っている間、前向きな気持ちになっていただきたい!」という想いが込められた「DORAEMON-GO!」のイメージ。 (c) Fujiko-Pro
  • 2014年、初代の「くまもん」ラッピング電車として運行を開始した当時の6221ef+6228A編成。このうち6221号は、フレームに「CFRP」と呼ばれる炭素強化プラスチックを使った川崎重工業製の「ef WING」という台車に交換されたことから、車号が6221Aから6221efに変更された。
  • 冬用の基本制服。『36ぷらす3』の車体イメージである黒を基調に列車の力強さを表現。ジャケットとベストには車体ロゴに使用したゴールドのブローチが付く。
  • 9月9日に発表されていた「鹿児島本線 赤間駅、福間駅、古賀駅、香椎駅、箱崎駅 開業130周年記念乗車券」の記念台紙。
  • 「臨時ライナー」に充当される京成AE形。
  • 新駅開業を伝える記者会見の様子。
  • 鬼滅の刃
  • この年末年始から青函トンネルでの210km/h走行が始まる北海道新幹線。

ピックアップ

Response.TV