VWと日野、調達に関する合弁会社を設立…シナジーの拡大をめざす

VWトラック&バス「トレイトン」のスカニア、フォルクスワーゲン・トラック・バス、MAN
VWトラック&バス「トレイトン」のスカニア、フォルクスワーゲン・トラック・バス、MAN全 2 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲングループのトラックとバス部門の「トレイトン」(TRATON)は10月29日、日野自動車との間で、調達に関する合弁会社を設立すると発表した。

トレイトン(旧フォルクスワーゲン・トラック&バス)と日野自動車は2018年4月、戦略的提携を結ぶことで合意した。両社の提携は、物流や交通に関わるソリューション調査、既存および将来技術、調達などの領域において、協力を検討するものだ。

提携における技術領域には、既存の内燃パワートレイン、ハイブリッドおよび電動パワートレイン、コネクティビティ、自動運転システムなどが含まれている。

トレイトンは今回、日野自動車との間で、調達に関する合弁会社を設立すると発表した。新たな合弁会社は、「HINO & TRATON Global Procurement」で、出資比率はトレイトンが51%、日野が49%となる。ドイツ・ミュンヘンと東京にオフィスを構え、グローバル調達におけるシナジー効果の最大化を目指す。

合弁会社では今後、両社が購入する幅広い部品や技術の調達活動を行う。トレイトンと日野はこの協業を通して、それぞれ欧州、アジアをはじめグローバルな調達の領域を広げ、部品調達基盤の強化を図る、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォルクスワーゲン ID.3
  • VWシャラン(2015年)
  • VW キャディ 次期型(スクープ写真)
  • フォルクスワーゲン・ニーヴァス のティザーイメージ
  • BMW 4シリーズ 次期型プロトタイプ。ついに巨大グリルの存在を捉えることに成功(スクープ写真)
  • VW キャディ 次期型(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQA プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/10/30/328188.html/article/2019/10/30/328187.html/article/2019/10/30/328189.html