トヨタ、アルファード/ヴェルファイア 2万3000台をリコール、アイドリングストップ後に再始動できなくなるおそれ

トヨタ・アルファード
トヨタ・アルファード全 2 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車は、『アルファード』と『ヴェルファイア』のエンジン制御用コンピュータ(ECU)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2017年12月13日~2019年4月25日に製造された2万3833台。

ECUの充電制御プログラムが不適切なため、長時間のアイドリングを頻繁に繰返すとバッテリが異常劣化することがある。そのため、アイドリングストップ後、エンジンが再始動できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、ECUのプログラムを対策仕様に修正する。またバッテリ液の状態を点検し、異常がある場合はバッテリを新品に交換する。

不具合は27件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 装着イメージ(CGイメージ)
  • FOCAL B.A.M を使って“もっと静かな”アルファードにレベルアップする
  • トヨタ・アルファード
  • アルファード特別仕様車S TYPE GOLD MODELLISTAパーツ装着車(左)とヴェルファイア特別仕様車Z GOLDENEYES MODELLISTAパーツ装着車
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ