ヤマハ発動機、ナイケン/ナイケンGT のカラーリング変更 受注生産の予約開始

ヤマハ・ナイケンGT
ヤマハ・ナイケンGT全 7 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機は、スポーツLMWのフラッグシップ『ナイケンGT』および『ナイケン』のカラーリングを変更し、受注生産にて発売。全国のナイケン取扱店にて11月5日より予約受付を開始した。

ナイケンは、水冷4ストローク直列3気筒845ccエンジンを搭載する大型スポーツタイプのLMW(Leaning Multi Wheel)。進化したLMWテクノロジーが生み出す高次元のコーナリング性能と、長距離ツーリングを快適に過ごすことができる上質なクルージング性能を両立させている。またナイケンGTは大型ハイスクリーンやグリップウォーマーなどを装備するツアラー仕様だ。

ナイケンGTの新色「マットダークグレーメタリック6」は、上品さや落ち着いた印象を与えるダークグレーをベースカラーに設定、さらにアクセントとしてレッドを配し、落ち着いた雰囲気の中にもスポーティさを演出している。なお、「マットダークパープリッシュブルーメタリック1」は継続して販売する。

ナイケンには先進性を表現した新色「マットブルーイッシュグレーメタリック3」を採用、グレーの配色比率を高く取りLMWの特長である先進性を強調するとともに、ホイールやサスペンションのアウターチューブなどにブルーを採用することで、スーパースポーツのフラッグシップモデル『YZF-R1』のイメージを反映させた。

価格はナイケンGTが198万円、ナイケンが181万5000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ハスクバーナ・モーターサイクルズ ピレン701シリーズ
  • Ninja ZX-25R
  • SHOEI X-Fourteen MM93 ブラックコンセプト2.0
  • テネレ700 ABS Low
  • ホンダ CBR250RR(グランプリレッド・ストライプ)
  • ハスクバーナ ヴィットピレン401&スヴァルトピレン401
  • ホンダ CBR1000RR-R ファイヤーブレードSP
  • KTM 1290スーパーアドベンチャーS

ピックアップ