トライアンフ、ファクトリーカスタム「ボバーTFC」新型を来春発売へ 238万9000円

トライアンフ ボバーTFC
トライアンフ ボバーTFC全 7 枚写真をすべて見る

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、全世界750台限定のファクトリーカスタマイズモデル、新型『ボバーTFC』を日本市場に導入、2020年3月(予定)より発売する。価格は238万9000円。

TFC(Triumph Factory Custom)は、トップクオリティのエンジニアリングと独創的なカスタムデザインから生まれた特別なモデル。わずか750台が生産され、一台一台にシリアルナンバーが付けられる。

3代目となる新型ボバーTFCは、低慣性クランクシャフト、クラッチ、オルタネーターなど、軽量コンポーネントを含むエンジンのアップグレードにより、ベースモデルから10psのパワーアップを実現。また専用排気システムを搭載し、Arrow製チタンサイレンサーとカーボンファイバーエンドキャップにより独自のブリティッシュツインサウンドトラックを奏でる。

これらエンジンコンポーネントの改良をはじめ、カーボンファイバーボディワーク、テールライトのカスタムなどにより約5kg軽量化。さらにオーリンズ製アジャスタブル倒立フロントフォーク、アジャスタブルリアサスペンションユニットを備え、ダイナミックな乗り心地を実現する。ブレーキシステムは、ブレンボ製の4ピストンM50ラジアルモノブロックキャリパーとツインフローティングフロントディスクの組み合わせ。さらにブレンボ製ラジアルマスターシリンダー、MCSスパンおよびレシオ調整可能なブレーキレバー、それに適合するクラッチレバーも備え、優れた制動力を発揮する。

トライアンフ ボバーTFCトライアンフ ボバーTFC

ライディングモードは、ボバーTFC固有の3つ(レイン、ロード、スポーツ)を装備。ライディング条件やライダーの好みに合わせてスロットルマップ、ABS、トラクションコントロール設定を調整し、乗り心地、安全性、制御性を高めた。

外観は軽量カーボンファイバーによるボディワークで、美しいシルエットを創出。ローレットハンドルグリップ、ビレット加工アルミニウム製トップおよびボトムヨーク、プレミアムリアルレザーステートメントシート、ビレット加工されたアルミニウムオイルフィラーキャップなど、ディテールにもこだわった仕上がりとなっている。

トライアンフ ボバーTFCトライアンフ ボバーTFC

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ