DMVが関西に初お目見え…阿佐海岸鉄道の1両を京都鉄博で展示 11月30日-12月22日

京都鉄博で展示される阿佐海岸鉄道のDMV。3両中1両が展示されるが、どの色がやってくるのかは未定。
京都鉄博で展示される阿佐海岸鉄道のDMV。3両中1両が展示されるが、どの色がやってくるのかは未定。全 1 枚写真をすべて見る

阿佐海岸鉄道、徳島県、京都鉄道博物館(京都鉄博)の3者は11月8日、徳島県海陽町の海部駅と高知県東洋町の甲浦(かんのうら)駅を結ぶ阿佐東線に導入される「Dual Mode Vehicle」(DMV)を、京都市下京区の京都鉄道博物館で展示すると発表した。

DMVはJR北海道が開発した鉄道と道路の両方を走行できる車両で、阿佐東線では2020年度に営業運行を開始する予定。

青を基調としたDMV-1号「未来への波乗り」、緑を基調としたDMV-2号「すだちの風」、赤を基調としたDMV-3号「阿佐海岸維新」の3両が導入されるが、今回、展示される車両はそのうちの1両。

道路を走行して京都入りすることになっており、本館1階「車両のしくみ/車両工場」エリアや扇形車庫内で11月30日から12月22日まで展示される(休館日の12月4・11・18日を除く)。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 2020~2022年度に合計384両が納入される予定となったN700S。写真はその確認試験車。
  • 6両編成1本が落成した新京成80000形。京成3100形とほぼ共通仕様となった車両。
  • 電力融通装置の導入により、回生電力の有効活用が図られる九州新幹線。
  • 東京駅では危険物探知犬を使用した実証実験を実施。
  • 2層の橋上式となる原宿駅新駅舎のイメージ。
  • 札幌駅北側の拡張により、駅前広場が狭まる札幌駅北口。2005年頃。
  • 暫定ダイヤが実施されている北陸新幹線では、大幅に減便されている『あさま』が11月30日から上り3本・下り4本増発。さらに12月27日以降は上下各1本増発される。
  • 三つ折りとなる台紙のデザイン。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/11/08/328546.html/article/2019/11/08/328545.html/article/2019/11/08/328547.html