メルセデスベンツ Gクラス 専用、オフロード走行体験センター完成…2020年春営業開始

メルセデスベンツGクラスのエクスペリエンスセンター
メルセデスベンツGクラスのエクスペリエンスセンター全 5 枚写真をすべて見る

メルセデスベンツは、『Gクラス』(Mercedes-Benz G-Class)のオフロード性能が体験できる「エクスペリエンスセンター」がオーストリアに完成し、2020年春から営業を開始すると発表した。

新型Gクラスでは、伝統の悪路走破性をさらに追求した。フロントアクスルのダブルウイッシュボーンは、サスペンションのサブフレームを介さず、ラダーフレームに直結。リアはリジットアクスルを新開発した。悪路走破性の高さを示すアプローチアングルは31度、デパーチャーアングルは30度、ランプブレークオーバーアングルは26度と、先代比でそれぞれ1度向上。最低地上高は241mmとした。

新型Gクラスには、オフロード走行専用モードの「Gモード」を採用した。このモードでは、ダンパーやステアリング、アクセルがオフロード向けのセッティングとなり、Gクラスならではの優れた悪路走破性を、さらに引き上げることが可能になる。

メルセデスベンツは、Gクラスのオフロード性能が体験できるエクスペリエンスセンターを、オーストリアの滑走路跡地に建設してきた。今回、エクスペリエンスセンターが完成し、2020年春から営業を開始する。

敷地面積は10万平方m以上。レセプションとプレゼンテーションエリアに加えて、合計4つのテストコースを設けた。オフロードセクション、最大45度の傾斜を持つ丘、旧滑走路上のオンロードセクションなどがある。オンロードセクションでは、Gクラスでのブレーキングとスラロームが体験できる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツGクラス新型
  • メルセデスベンツ「240GD」(1979年)
  • ブラバス 800(フランクフルトモーターショー2019)
  • 高級スピーカー『BE-FIT』メルセデス・ベンツ専用モデルが大幅ブラッシュアップ。
  • メルセデスベンツ EQA プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911タルガ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー の現行型(左)と次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/11/13/328682.html/article/2019/11/12/328681.html/article/2019/11/13/328683.html