自動走行に必要な空間情報…「G空間EXPO 2019開催」 11月28-30日

G空間EXPO 2019
G空間EXPO 2019全 4 枚写真をすべて見る

「G空間EXPO 2019」が11月28日から11月30日までの間、東京臨海都心の日本科学未来館で開催される。

G空間情報は、自動走行や、i-Construction、スマート農林業、ドローン物流などの基盤となる情報で、これらと準天頂衛星「みちびき」の情報を融合することで、新産業・新サービスの創出が期待されている。

「G空間EXPO」は、今回が9回目の開催。今回はテーマを「G空間×みちびき=輝ける令和の未来へ」として、G空間情報の活用推進、普及啓発を目的に産・学・官による最新の地理空間情報技術に関する展示・講演を行う。無人航空機(UAV)のフライトシミュレータの体験企画などのプログラムも実施する。入場は無料。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産自動車追浜工場(参考画像)
  • コンチネンタルの自動運転EV(参考画像)
  • 中型自動運転バスの実証走行の概要
  • 三菱アウトランダーPHEV給電デモ(2019年12月)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ

ピックアップ