トヨタ スープラ と コルベット、最終選考に残る…北米COTY 2020

トヨタ・スープラ 新型(米国仕様)
トヨタ・スープラ 新型(米国仕様)全 3 枚写真をすべて見る

北米カーオブザイヤー主催団体は11月20日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー2019において、「2020北米カーオブザイヤー」(2020 North American Car of the Year)の乗用車カテゴリーの最終選考3車種を発表した。

北米カーオブザイヤーは今年で27回目だ。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型車の中からベストな1台を選出する。

2020北米カーオブザイヤーの乗用車カテゴリーの最終選考3車種は、以下の通り。

●シボレー・コルベット・スティングレイ
●ヒュンダイ・ソナタ
●トヨタ・スープラ

日本メーカーでは、新型トヨタ『スープラ』がファイナリストに。地元の米国メーカーでは、GMのシボレーブランドから、新型『コルベット・スティングレイ』が、最終選考に駒を進めた。最終選考の3台中2車種が、スポーツカーとなる。

なお、セミファイナリストに選出されていた新型『マツダ3』、新型スバル『レガシィ』、新型BMW『3シリーズ』、新型メルセデスベンツ『Aクラス』、新型フォルクスワーゲン『アルテオン』、新型ポルシェ『911』、ポールスター『1』、キャデラック『CT5』は、最終選考に進めなかった。

2020北米カーオブザイヤーは2020年初頭、米国で発表される予定だ。前回は、ヒュンダイの高級車ブランド、ジェネシスの『G70』が獲得した。同車は、BMW3シリーズやアウディ『A4』、メルセデスベンツ『Cクラス』をライバル視している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ MIRAI コンセプト(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • トヨタGRスープラ・ヘリテイジ・エディション(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • メルセデスベンツ EQC(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • 映画『6アンダーグラウンド』に起用されたアルファロメオ・ジュリア・クアドリフォリオの2020年型(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ