BMWジャパン、既存車載カメラを利用したドラレコ機能のオンライン販売を開始

BMW ドライブレコーダー機能
BMW ドライブレコーダー機能全 1 枚写真をすべて見る

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は11月21日、一部車両に標準搭載されているパーキングアシスト用車載カメラをドライブレコーダーとして利用する新機能を中核モデルに対してオンライン販売すると発表した。

今回導入するドライブレコーダー機能は、パーキングアシストプラス搭載車両に車載されている前後左右の車外カメラを利用するもの。エアバッグが作動するような大きな衝撃を受けた際、最大でその前後20秒、合計40秒間、車両の周囲360度を自動的に記録。さらには、マニュアル操作でも、最大40秒間、同様に車両の周囲360度を記録できる。

対象モデルは新型『3シリーズ(パーキングアシストプラス装着車のみ)』『7シリーズ』『8シリーズ』『X5』『X7』。料金は1か月700円、12か月4500円、36か月1万2700円、無期限2万8200円で、ConnectedDriveストアを経由して該当車両にオンライン販売を行う。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • インテリジェントパイロット
  • セルスター CS-32FH
  • 車内カメラの周囲に4基の赤外線LEDを備える
  • セルスター CS-360FH
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ