家の「離れ」が走る未来、スズキ ハナレ…東京モーターショー2019[詳細画像]

スズキ ハナレ
スズキ ハナレ全 8 枚写真をすべて見る

スズキが東京モーターショー2019に出展したコンセプトカー『ハナレ(HANARE)』。新しい未来のライフスタイルのひとつとしてスズキが提案する家の「離れ」のように使えるモバイルルーム型の自動運転モビリティ。

レベル5の完全自動運転システムの搭載を想定し、通常の自動車には欠かせないステアリングやインパネがなくなり、広々とした空間を確保。コルク材を使用した室内には、大型スクリーンやソファーが備え付けられている。家の離れのようにプライベートな空間として、側面の大開口のドアを開けば大人数で楽しむ開放的な空間として、空間をカスタマイズができる。

各駆動輪内部に配置したインホイールモーターが前後左右の自由な移動を実現。また、自動運転の搭載により“クルマの前後”という概念を持たないハナレは、前後対象のユニークなデザインを持つ。

全長3900mm×全高1800mm×全幅1900mm、4WDのEVとなっている。

《ショーカーライブラリー》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV