米国ブリヂストン、再生カーボンブラックを原材料に用いたタイヤを商用化

自動車 ビジネス 海外マーケット
ブリヂストン ロゴ
ブリヂストン ロゴ 全 1 枚 拡大写真
ブリヂストンの米国子会社ブリヂストン アメリカス・インク(BSAM)は、再生カーボンブラック(RCB)を原材料に用いたタイヤを商用化し、2020年までに廃タイヤ約200万本をリサイクルする計画を進めている。

RCBとは、廃タイヤの熱分解により製造されるリサイクルカーボンブラックのことで、タイヤの原材料の一つ。米国で販売中の一部のタイヤでは、BSAMと提携関係にある、デルタ エナジー グループ・エルエルシー社製のRCBを使用。同社のRCBは、新品のカーボンブラックと同等の性能を持ちながら、新品対比で製造時のCO2排出量を約81%削減できる。

BSAMでは今後も、RCBの使用を拡大し、2020年までに乗用車用の廃タイヤ約200万本分に相当する約6800トンのRCBを使用する計画だ。これにより、新品のカーボンブラックを使用した場合に比べて、約1万0900トンのCO2排出量の削減に貢献する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

編集部ピックアップ