SHOEI、ツーリングフルフェイス「GT-エアーII」にイエローのグラフィックモデル追加へ

SHOEI GT-エアーII BONAFIDE(ボナファイド)
SHOEI GT-エアーII BONAFIDE(ボナファイド)全 3 枚写真をすべて見る

SHOEIは、インナーバイザー装備のツーリング向けフルフェイスヘルメット「GT-エアーII」にグラフィックモデル「BONAFIDE(ボナファイド)」を追加し、2020年2月に発売する。

GT-エアーIIは、ツーリングフルフェイス「GT-エアー」の象徴的デザインである側頭部の形状は受け継ぎつつ、よりエッジをきかせ、ベンチレーションパーツと一体となり前方から後頭部へ流れるようなシェルデザインとした。

インナーサンバイザーはレバー操作で素早く開閉が可能。サンバイザーを下げてスモークに、上げてシールドのみのクリアに切り替えることで、トンネル進入時などの急な視界状況の変化にも即座に対応できる。GT-エアーIIは新たにQSV-2サンバイザーを装備。従来モデルよりサンバイザーの長さを5ミリ伸ばし、サンバイザー下端とアイポートの隙間からの日差しの侵入を軽減する。

グラフィックモデル「BONAFIDE(ボナファイド)」は、マットイエローをベースに、ブラックからブルーに変わるグラデーションカラーを配置。インパクトのあるグラフィックとしている。

サイズはサイズはS(55cm)、M(57cm)、L(59cm)、XL(61cm)、XXL(63cm)の5サイズ。価格(税別)5万9000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV