ルノー カングー 、燃料電池車を発表…航続370km、EV仕様の1.6倍

ルノー・カングー Z.E.ハイドロジェン(SOLUTRANS国際ショー2019)
ルノー・カングー Z.E.ハイドロジェン(SOLUTRANS国際ショー2019)全 8 枚写真をすべて見る

ルノーグループは11月19~23日、フランスで開催された道路と都市交通ソリューションに関する「SOLUTRANS国際ショー2019」において、ルノー『カングー』(Renault Kangoo)の水素燃料電池車、『カングーZ.E.ハイドロジェン』を初公開した。

ルノーグループは2014年から、水素燃料電池車をテストしてきた。水素燃料電池システムは、ミシュランの子会社のシンビオと提携して、開発されている。

カングーZ.E.ハイドロジェンには、車体の床下に2つの水素タンクを搭載した。水素の充填は、5~10分で完了する。水素満タン時の航続は、最大で370kmだ。この航続はカングーのEV、『カングーZ.E.』の230km(WLTP計測)に対して、およそ1.6倍にあたる。

カングーZ.E.ハイドロジェンの荷室スペースは、3.9立方mを確保する。車両重量は、ベース車両に対して110kg増えた。ルノーグループは2019年内に、ルノーカングーZ.E.ハイドロジェンを、欧州市場で発売する計画だ。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV