台風19号で浸水した北陸新幹線E7系をすべて廃車…その損失額は約418億円に

浸水した長野新幹線車両センターの北陸新幹線車両。このうちJR東日本が保有するE7系8編成はすべて廃車されることになった。
浸水した長野新幹線車両センターの北陸新幹線車両。このうちJR東日本が保有するE7系8編成はすべて廃車されることになった。全 4 枚写真をすべて見る

JR東日本は11月29日、台風19号の被災による損失額を明らかにした。

それによると、被災した10月の運輸収入は約120億円減に、11月以降は輸送力が改善されたものの、約40億円減になる見込みだという。また、浸水被害を受けた長野新幹線車両センター(長野県長野市)を除く鉄道施設の復旧費用に約170億円を見込んでいるという。

長野新幹線車両センターの復旧に際しては、施設を保有する独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)と復旧方針や浸水対策について協議する必要があることから、現時点で具体的な復旧額は算出されていない。

なお、同センターに滞留して浸水したE7系新幹線車両(12両編成8本)はすべて廃車されることになったが、その損失額は代替車の新造費用を含み約418億円とされており、大部分は特別損失として計上される見込みだという。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 10月30日からは平日夕夜間下りで増便される『京王ライナー』。一方で深夜帯は減便へ。
  • 「従来の8000系や08系の端正な表情を受け継ぎ、車内空間を半蔵門線の路線カラーの色彩に同調させることで、親しみや活気が感じられるようなデザイン」とした18000系。ヘッドライトを直線的にすることで親しみやすさやスタイリッシュさを表現。
  • 6両編成の『36ぷらす3』。南福岡車両区の787系BM15編成を改造したもので、車体は黒メタリックを基調に。787系のフォルムを残しながら、より重厚な雰囲気に仕上がっている。
  • 「こどもから大人まで幅広い世代の方々が、この『DORAEMON-GO!』に乗っている間、前向きな気持ちになっていただきたい!」という想いが込められた「DORAEMON-GO!」のイメージ。 (c) Fujiko-Pro
  • 2014年、初代の「くまもん」ラッピング電車として運行を開始した当時の6221ef+6228A編成。このうち6221号は、フレームに「CFRP」と呼ばれる炭素強化プラスチックを使った川崎重工業製の「ef WING」という台車に交換されたことから、車号が6221Aから6221efに変更された。
  • 冬用の基本制服。『36ぷらす3』の車体イメージである黒を基調に列車の力強さを表現。ジャケットとベストには車体ロゴに使用したゴールドのブローチが付く。
  • 9月9日に発表されていた「鹿児島本線 赤間駅、福間駅、古賀駅、香椎駅、箱崎駅 開業130周年記念乗車券」の記念台紙。
  • 「臨時ライナー」に充当される京成AE形。

ピックアップ

Response.TV