JR北海道がキハ40形をテーマにした入場券…塗り替えたい色を選ぶ企画も 12月4日から

「北の復刻40リクエスト」の候補イラスト。特急型から一般型まで、かつて北海道で活躍した気動車の塗色をあしらったもの。
「北の復刻40リクエスト」の候補イラスト。特急型から一般型まで、かつて北海道で活躍した気動車の塗色をあしらったもの。全 3 枚写真をすべて見る

JR北海道は11月29日、同社のキハ40形一般型気動車をテーマにした入場券「北の40(ヨンマル)記念入場券」を12月4日から発売すると発表した。

函館運輸所、苗穂運転所、苫小牧運転所、釧路運輸車両所、旭川運転所に配置されているキハ40形の写真をデザインしたもので、様式は発売終了した「JR北海道わがまちご当地入場券」に準じたものとなる。

発売箇所は函館・七飯(ななえ)・新函館北斗・森・長万部・倶知安・苗穂・岩見沢・滝川・東室蘭・苫小牧・千歳・静内・追分・富良野・新得・帯広・釧路・摩周・網走・北見・遠軽・旭川・名寄の各駅で、デザインは駅ごとに異なる。2020年8月末まで発売され、発売額は各200円(大人用のみ)。発売窓口が混雑している場合は、1人1回につき5枚までの購入に制限される。

また、この入場券の発売と連動した企画として、あらかじめ用意された6つの候補から、キハ40形で実現させたい塗色を選ぶ「北の復刻40リクエスト」を2020年3月末まで実施する。

「北の40記念入場券」に付いている3駅分の応募券を送付すると投票でき、2020秋以降、1両を最多得票を得た候補の塗色に塗り替えて運行する。

このほか連動企画として、2020年4月以降に運用を終了するキハ40形で実際に使われていた前面種別表示幕(1コマ分)が40人に当たるプレゼントが2020年4~8月に行なわれる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 10月30日からは平日夕夜間下りで増便される『京王ライナー』。一方で深夜帯は減便へ。
  • 「従来の8000系や08系の端正な表情を受け継ぎ、車内空間を半蔵門線の路線カラーの色彩に同調させることで、親しみや活気が感じられるようなデザイン」とした18000系。ヘッドライトを直線的にすることで親しみやすさやスタイリッシュさを表現。
  • 6両編成の『36ぷらす3』。南福岡車両区の787系BM15編成を改造したもので、車体は黒メタリックを基調に。787系のフォルムを残しながら、より重厚な雰囲気に仕上がっている。
  • 「こどもから大人まで幅広い世代の方々が、この『DORAEMON-GO!』に乗っている間、前向きな気持ちになっていただきたい!」という想いが込められた「DORAEMON-GO!」のイメージ。 (c) Fujiko-Pro
  • 2014年、初代の「くまもん」ラッピング電車として運行を開始した当時の6221ef+6228A編成。このうち6221号は、フレームに「CFRP」と呼ばれる炭素強化プラスチックを使った川崎重工業製の「ef WING」という台車に交換されたことから、車号が6221Aから6221efに変更された。
  • 冬用の基本制服。『36ぷらす3』の車体イメージである黒を基調に列車の力強さを表現。ジャケットとベストには車体ロゴに使用したゴールドのブローチが付く。
  • 9月9日に発表されていた「鹿児島本線 赤間駅、福間駅、古賀駅、香椎駅、箱崎駅 開業130周年記念乗車券」の記念台紙。
  • 「臨時ライナー」に充当される京成AE形。

ピックアップ

Response.TV