シャワーステーション、スマートキーによる解錠・施錠システム試行導入へ NEXCO西日本

山陽自動車道 瀬戸PA(上り線)女性用シャワーステーション
山陽自動車道 瀬戸PA(上り線)女性用シャワーステーション全 5 枚写真をすべて見る

NEXCO西日本は、山陽自動車道 瀬戸パーキングエリア(PA)上り線の女性用シャワーステーションで、12月中旬よりスマートキー(電子鍵)による解錠・施錠システムを試行導入する。今回の取り組みは高速道路初の試みとなる。

高速道路のサービスエリア(SA)・PAに設置されたシャワーステーションは多くのドライバーに利用され、夜間の運用拡大への要望も高まっている。これに対応すべく今回、NEXCO西日本はKDDI総合研究所との共同研究により、スマートキーを活用したシャワーステーションの無人化運用の試行を行う。

現在、SA・PAの女性用シャワーステーションは、店舗レジで鍵を借りて利用し、利用後は店舗レジに返却。さらに従業員が施錠確認を行っている。今回の試行では店舗レジでの鍵の受け渡しは不要。利用客はスマートフォンでQRコードを読み込み、鍵配信サーバーにメール送信。サーバーからスマホにURL(ワンタイムキー)が配信され、配信されたキーでアクセスし解錠できる。

両社は今回、このスマートキーによる解錠・施錠システムを試行的に導入し、問題点を検証のうえ、有効性を確認する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 10km以上の渋滞予測回数
  • 東名高速
  • (イメージ)
  • 海老名SA
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX2 スクープ写真
  • BMW 4シリーズ 次期型プロトタイプ。ついに巨大グリルの存在を捉えることに成功(スクープ写真)
  • VW キャディ 次期型(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/12/02/329393.html/article/2019/12/02/329392.html/article/2019/12/02/329394.html