新潟県のえちごトキめき鉄道に夜行列車…ボックスシートで全線を乗車 12月28-29日

「冬休み親子夜行列車体験号」の告知。
「冬休み親子夜行列車体験号」の告知。全 1 枚写真をすべて見る

新潟県のえちごトキめき鉄道は、12月28日から12月29日にかけて夜行列車を運行する。

この列車は「冬休み親子夜行列車体験号」と題し、団体専用車両のET122系気動車「3市の花号」「日本海号」を連結した2両編成で運行される。

12月28日は直江津駅(新潟県上越市)を22時頃に出発し、妙高はねうまライン(直江津~妙高高原)を往復。その後、日本海ひすいライン(直江津~市振)を往復し、直江津駅には翌朝5時40分頃に戻る。

ボックスシート単位での乗車となり、旅行代金は1ボックスにつき1万8000円。この代金で大人2人・子供2人まで利用でき、2人までは朝食(幻の駅弁)とお土産が付く。1人での利用でも旅行代金は変わらない。募集人員は20ボックス40人。

申込みは12月5日12時から、えちごトキめき鉄道のメールで先着順に受け付ける。

えちごトキめき鉄道では、9月に元いすみ鉄道社長の鳥塚亮(とりづかあきら)氏が新社長に就任。氏はいすみ鉄道時代に夜行列車を運行した実績がある。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 裏面が30分の1程度の地図となった「北の大地の入場券」。左は根室本線釧路駅、右は釧網本線釧路湿原駅のイメージ。
  • 高山本線飛騨一ノ宮~高山間の被災現場。
  • リニア静岡工区椹島ヤードにおける工事状況と準備再開内容。
  • パンダくろしお「サステナブル Smileトレイン」のデザイン。車両をつなぐリボンは「世界をつなぐパートナーシップであり、また世代をつなぐバトン」を表現したもの。
  • SL「やまぐち」号は所定ではD51 200が牽引するが、8月1日からの運転ではC57 1(手前)を充当する予定。
  • 5両すべてが浸水した車両。
  • 飛騨川沿いの高山本線を走る特急『(ワイドビュー)ひだ』。7月8日は始発から運休している。
  • 乗車券部分は、駅発売分が「武川から影森まで」、通信販売分が「影森から武川まで」で、地色も異なる。

ピックアップ