トヨタ RAV4、曲げるための4WDシステムを評価…桂伸一【日本カーオブザイヤー2019-2020】

トヨタ RAV4
トヨタ RAV4全 12 枚写真をすべて見る

今年の1台がトヨタ『RAV4』に決まった。第40回「日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-2020」では、前年の11月1日から今年の10月31日までに国内で発売された車種を対象に、その年を代表するクルマを決める。

モータージャーナリストや自動車評論家など計60名からなる選考委員の一人、桂伸一氏は、RAV4に10点満点をつけた。

☆☆☆

厳ついマスクに個性的なスタイリングは、どこか気になる存在感の持ち主。クルマとして、まずそこが魅力。3タイプの4WDシステムを持つ事も評価するが、何よりもトヨタ初の曲げるための4WDシステムと、その優れた制御技術を何よりも高く評価する。

☆☆☆

桂氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)
トヨタ カローラ/カローラツーリング:3点
トヨタ RAV4:10点
マツダ3:7点
BMW 3シリーズ セダン:3点
ジャガー I-PACE:2点

日本カー・オブ・ザ・イヤーは選考委員の投票によって決定する。60名の委員がそれぞれ25点の持ち点を対象車10車種(10ベスト)のうち5車種に配点する。そのうち最も高く評価する車種に対して必ず10点を与える。10点を与える車種は1車種とする。2019-2020では、トヨタRAV4が436点でイヤーカーに選ばれた。『マツダ3』が328点で次点、3位はBWM『3シリーズ』の290点だった。

《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

この記事の写真

/

ピックアップ