振り返ったとき、RAV4 は記憶に残る…木下隆之【日本カーオブザイヤー2019-2020】

トヨタ RAV4
トヨタ RAV4全 10 枚写真をすべて見る

12月6日に発表となった、第40回「日本カー・オブ・ザ・イヤー2019-2020」の今年の1台。今年はトヨタ『RAV4』が、2位に大差をつけて受賞した。

最終選考で絞られた10台の「10ベストカー」の中から、60名の選考委員によって選ばれたRAV4に、10点満点をつけた木下隆之氏のコメントを日本カーオブザイヤー公式HPから抜粋して掲載する。

☆☆☆

保守的にならず、楽しく豊かなカーライフの創造に挑んだ精神を高く評価しました。数年後に振り返ったとき、記憶に残るであろうクルマであることを評価しました。

☆☆☆

木下氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)
トヨタ RAV4:10点
日産 デイズ 三菱 eKクロス/eKワゴン:6点
マツダ MAZDA3:1点
BMW 3シリーズ セダン:5点
ジャガー I-PACE:3点

日本カー・オブ・ザ・イヤーは選考委員の投票によって決定する。60名の委員がそれぞれ25点の持ち点を対象車10車種(10ベスト)のうち5車種に配点する。そのうち最も高く評価する車種に対して必ず10点を与える。10点を与える車種は1車種とする。2019-2020では、トヨタRAV4が436点でイヤーカーに選ばれた。『マツダ3』が328点で次点、3位はBWM『3シリーズ』の290点だった。

《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

この記事の写真

/

ピックアップ