ナビタイム、日本初の観光バス専用カーナビアプリをリリース

バスカーナビ
バスカーナビ全 5 枚写真をすべて見る

ナビタイムジャパンは12月17日、日本初となる観光バス専用カーナビアプリ『バスカーナビ』の提供を開始した。

バスカーナビは、大型バスの交通規制等を考慮したルート検索、ナビゲーションに対応した観光バスドライバー向けカーナビアプリだ。リアルタイムの渋滞情報も考慮。検索できるルートは「推奨」「一般優先」「有料優先」「景観優先」「道幅優先」の5種類で、車両情報に合わせて、道幅/高さ/曲がり角を判定して走行可能なルートを案内する。

さらに、運行計画の作成、規制や取締情報を地図上にアイコン表示、観光スポットや大型駐車場の検索、景観情報など、観光バスドライバーに特化した機能を搭載している。

全国の大型バスの交通規制等の情報は、独自調査により収集してデータ化し、アプリ内に反映。観光バスに特化した情報として、観光スポットや大型車専用駐車場、トイレや病院などのスポット情報も独自に整備した。

バスカーナビバスカーナビ

ナビタイムジャパンでは、2016年3月よりトラック専用の「トラックカーナビ」を提供しているが、利用者から「観光バスドライバー用のカーナビがほしい」「トラック運転手から観光バス運転手に転職したので、観光バス専用アプリもほしい」「大型貨物は禁止だが、バスは通行可能なルートを案内してほしい」といった声が集まっていた。今回、同社の大型車向けナビゲーション開発ノウハウやIT技術を活かし、観光バス専用の「バスカーナビ」の提供開始に至った。

月額利用料金は840円。対応OSはAndroid OS、iOSにも今後対応予定。

バスカーナビバスカーナビ

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ