京成『スカイライナー』の乗客向けに専用のアテンダント…京成上野駅に配置 12月20日から

「スカイライナーステーションアテンダント」のイメージ。
「スカイライナーステーションアテンダント」のイメージ。全 2 枚写真をすべて見る

京成電鉄(京成)は12月20日、京成上野駅(東京都台東区)に特急『スカイライナー』専用のアテンダントを配置した。

このアテンダントは「スカイライナーステーションアテンダント」と称し、京成上野~成田空港間を結ぶ『スカイライナー』のサービス向上策の一環として設けられたもの。

『スカイライナー』の乗客へ向けた乗車案内や京成上野駅に到着した乗客向けの周辺案内を業務としており、配置時間は10時から14時30分まで。

業務はANAホールディングスの100%子会社で、人材派遣業などを展開するANAビジネスソリューションに委託されており、京成では「ANAグループが長年に亘り航空業界で培った『おもてなし』と『人財力』を導入し、高品質の接遇サービスをご提供いたします」としている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 「臨時ライナー」に充当される京成AE形。
  • 新駅開業を伝える記者会見の様子。
  • 鬼滅の刃
  • この年末年始から青函トンネルでの210km/h走行が始まる北海道新幹線。
  • DMV導入により引退することになった、阿佐海岸鉄道の気動車。
  • 嬉野(うれしの)温泉駅(仮称)付近の建設現場。
  • 静岡県と長野県の県境にかかる、被災直後の飯田線小和田~中井侍間。
  • 福島駅で発車を待つ郡山方面への東北本線普通列車。9月24日は15時頃からの減便が計画されている。

ピックアップ