【トヨタ GRヤリス】ワールドプレミア直前、プロトタイプの内外装をチェック[詳細画像]

トヨタ GRヤリス プロトタイプ
トヨタ GRヤリス プロトタイプ全 54 枚写真をすべて見る

「ラリー王国トヨタ」を勝ち取るために開発された新型『GRヤリス』。国内向け新型『ヤリス』が正式発表となった20日、その情報の一部が解禁となった。同時に、ジャーナリスト向け試乗会で披露されたプロトタイプの姿も解禁。撮り下ろし54枚の写真から内外装をチェックしたい。

現段階ではGRヤリスの全貌は明かされていない。今わかっているのは、GRヤリスが「ラリー王国トヨタ」を勝ち取るためのトヨタのスポーツ戦略車であること、ノーマルヤリスにはない3ドアボディを専用開発したこと、ルーフにカーボンを採用していること、最小・最軽量の1.6リットル3気筒ターボエンジンを搭載すること、リアデフに高応答カップリングを内蔵し前後駆動配分0:100をも実現する革新的な4WDシステムを採用したことなど。

お馴染みのGRカモフラージュが施されたエクステリアからわかるのは、GRブランド共通の大開口グリルを備えたフロントバンパー、大きく張り出したフェンダー、ツインエギゾースト程度か。内装は、造形こそほぼ新型ヤリスだが、各所にGRバッジが散りばめられているほか、専用のスポーツシートが装着されていることがわかる。また、トランスミッションは6MTだ。

トヨタは2020年1月10日に開幕する「東京オートサロン2020」でそのすべてを明らかにする予定だ。

トヨタ GRヤリス プロトタイプトヨタ GRヤリス プロトタイプ

《レスポンス編集部》

【画像】【トヨタ GRヤリス】ワールドプレミア直前、プロトタイプの内外装をチェック[詳細画像](54枚)
トヨタ ヤリス、ヴィッツの燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 今週注目を集めた記事ランキング…1位はメルセデスベンツのコンパクトミニバン
  2. いすゞトラックばかり---750を超える車両が登場
  3. 【BMW 318iツーリング 新型試乗】積極的にこのエントリーグレードを推したい…中村孝仁
  4. 空冷ポルシェで1台2億円!? マニア垂涎『シンガー911 DLS』とは
  5. コロナ禍でタクシー移動の浮気増加…探偵がバイクで追跡
  6. セルスター、受信性能2倍アップの一体型セーフティレーダー 3.7インチモデルを発売
  7. スズキ、浜松工場の操業停止日を追加---GSX-R1000Rなど二輪車製造
  8. MINIの世界販売、510万台超え---世界の電動車の5分の1
  9. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
  10. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
ランキングをもっと見る