カワサキ Z650/Ninja 650、2020年モデル発売へ 環境性能を高めた新エンジン搭載など

カワサキZ650 / メタリックスパークブラック(2020年モデル)
カワサキZ650 / メタリックスパークブラック(2020年モデル)全 12 枚写真をすべて見る

カワサキモータースジャパンは、スーパーネイキッド『Z650』およびスーパースポーツ『Ninja 650』の2020年モデルを2020年2月1日より発売する。

両モデルとも、2020年モデルは、環境性能を高めた新エンジンを搭載する。2020年1月から導入される欧州での排出ガス規制「EURO5」を考慮し、排出ガスシステム内の触媒容量の増加とサイレンサーのレイアウト変更により、排出ガス・騒音規制に配慮しながらも従来モデル同様の出力を維持。また、吸気ダクトの形状変更により中回転域でのトルクを向上している。

また、新採用のLEDヘッドライト(Ninja 650はツインLEDヘッドライト)やTFTカラー液晶スクリーンを備えるインストゥルメントパネルを搭載し、先進性と高級感を与えている。タイヤはダンロップの最新モデル「SPORTMAX Roadsport 2」を採用し、より軽快なハンドリングを実現している。

さらにスマートフォン接続機能を搭載。専用のスマートフォンアプリ「RIDEOLOGY THE APP」と連携し、燃料計などの車両データや走行記録をスマートフォンで閲覧できるほか、スマートフォンの電話着信やメール受信を車両ディスプレイに表示する。

Z650はメタリックスーパーブラックの1色のみ設定で、価格は84万7000円。Ninja 650はパールブリザードホワイト1色で88万円。ライムグリーン×エボニーのKRTエディションが90万2000円。


《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ