スズキ ワゴンR、安全装備を充実…新パワートレインで走りと燃費も進化

スズキ ワゴンR ハイブリッドFZ(フェニックスレッドパール)
スズキ ワゴンR ハイブリッドFZ(フェニックスレッドパール)全 24 枚写真をすべて見る

スズキは、軽乗用車『ワゴンR』『ワゴンRスティングレー』を一部仕様変更し、2020年1月20日より発売する。

今回の一部仕様変更では、前後の衝突被害軽減ブレーキ、後方誤発進抑制機能、リヤパーキングセンサーをCVT搭載車(FA 5MT車除く)に設定し、安全装備を充実させた。

また、デュアルインジェクションシステムやクールドEGRなどの新技術を搭載したR06D型エンジン(NA車)を新開発。軽量化と高効率化を図った新開発CVTとの組み合わせにより、軽快な走りと低速域から中高速域までの実用的な速度域で優れた燃費性能を実現した。

なお、ワゴンR/ワゴンRスティングレーは、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」に該当する。また、福祉車両ウィズシリーズ「ワゴンR 昇降シート車」、「ワゴンRスティングレー 昇降シート車」も一部仕様変更し、2020年2月4日より発売する。

価格はワゴンRが109万8900円から154万4400円、ワゴンRスティングレーが150万1500円から177万6500円。福祉車両ウィズシリーズは139万3000円から169万9000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ