三菱 エクリプスクロス、一部改良 フロントドア各所にLEDイルミネーション採用

三菱 エクリプス クロス Gプラスパッケージ
三菱 エクリプス クロス Gプラスパッケージ全 2 枚写真をすべて見る

三菱自動車は、クロスオーバーSUV『エクリプス クロス』に利便性を向上させるなど一部改良を施し、12月25日より販売を開始した。

今回の一部改良では、フロントドアの各所(インナードアハンドル、ドアグリップ、ボトルホルダー)にLEDインテリアイルミネーションを採用。アンバー色の間接光により上質な室内空間を演出するとともに、夜間におけるドア周りの利便性を向上させた(Mグレードを除く)。

特別仕様車「ブラックエディション」では、室内天井、Aピラー等をブラックへ変更し、内装色をブラックに統一。さらに、アルミペダルを採用することで、よりスポーティなインテリアとした。

価格は258万6100円から352万1100円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱エクリプスクロス(北米仕様)
  • 三菱 エクリプスクロス 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 三菱 エクリプス クロス 週末探検家仕様
  • 三菱エクリプスクロス
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真

ピックアップ