ランボルギーニ ウラカン、アマゾン「アレクサ」車載化へ…CES 2020

アマゾン「アレクサ」車載化するランボルギーニ・ウラカン・エボ
アマゾン「アレクサ」車載化するランボルギーニ・ウラカン・エボ全 4 枚写真をすべて見る

ランボルギーニ(Lamborghini)は1月7日、米国ラスベガスで開幕したCES 2020において、『ウラカン・エボ』にアマゾン「アレクサ」(Amazon Alexa)を車載化すると発表した。

アレクサは、アマゾンのAI(人工知能)ベースの音声アシスタントサービスだ。アレクサに呼びかけるだけで、走行中にドライバーが音声でエンターテインメントをコントロールしたり、ニュースを入手したり、ショッピングリストにアイテムを追加したり、スマートホームサービスを利用したりすることができる。

2020年内に、ウラカン・エボの「LDVI」(ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・インテグラータ)に、アレクサを組み込むことが可能になる。音声コマンドによって、運転中でも電話の発信やナビシステムの操作、音楽の再生、ニュースや天気などのチェックが行える。

また、空調や室内照明、シートヒーターなどの機能も、簡単な音声コマンドで調整できる。これにより、ドライバーは運転に集中できる。

さらに、ウラカン・エボのドライバーは、簡単な音声操作によって、車両から自宅の駐車場ゲートの開閉、空調や照明などを遠隔制御できる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ランボルギーニ ウラカンEVO
  • ランボルギーニ・ウラカン・エボ RWD
  • ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター
  • ランボルギーニ・ウラカンのイタリア空港の航空機誘導車
  • ポルシェ マカン 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ジープ グランドチェロキー 次期型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ アクティプツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ 改良新型(スクープ写真)

ピックアップ