レクサス反撃へ…3列シートの新型ミッドサイズSUVを計画中か

自動車 ニューモデル 新型車
レクサス LF-1 市販型 予想CG
レクサス LF-1 市販型 予想CG 全 5 枚 拡大写真
レクサスは、全く新しいクロスオーバーSUVを計画していることがわかった。

米「Automotive News」によると、かつてドイツのライバル達をリードしていた同ブランドは、現在クロスオーバーSUV市場において遅れをとっており、メルセデスベンツやBMWらに対し競争力のあるモデルを強化していくことが必至だという。

米国・メリーランド州、アナポリスのブランドディーラー評議会議長であり、同ブランドのフランチャイズ・ゼネラルマネージャー、ポール・ラロシェル氏は、Automotive Newsに対し、全く新しい7~8人乗りのミッドサイズ・クロスオーバーSUVを計画していると語った。ただし、発売時期に関しては言及していない模様だ。

今後レクサスは、2020年にフラッグシップ・クロスオーバーSUV、『LX』の新型を投入するほか、2021年には、『LF-1 リミットレス』市販型の発売を計画していると予想されている。LX新型のパワートレインは、システム合計出力480ps程度を発揮する2.5リットルV型6気筒ツインターボエンジン+電気モーターのハイブリッドが予想されるほか、LF-1 リミットレス市販型では、『LS』から流用される3.5リットルV型6気筒エンジン、または3.5リットルV型6気筒+電気モーター「マルチステージハイブリッド」が予想されている。

同ブランドでは、新型コンパクト・クロスオーバーSUV『UX』発売や、『RX』『NX』のテコ入れを終えたが、2020年以降からは手薄となっているミッドサイズ・クロスオーバーSUVでの逆襲がはじまりそうだ。

レクサス反撃のSUV攻勢が始まる...7~8人乗り新型ミッドサイズSUVを計画中!

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • レクサス LM300h(上海モーターショー2019)
  • レクサス UX 300e
  • レクサスLC500コンバーチブル
  • レクサス NX300ブロンズエディション
  • メルセデスベンツ Eクラス カブリオレ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW SMV 市販プロトタイプ(スクープ写真)
  • ジャガー XJ 後継となるフラッグシップEVのプロトタイプ(スクープ写真)
  • セアト エルボーン 開発車両 スクープ写真

ピックアップ