高速道路SAに冷暖房・Wi-Fi完備のコワーキングスペース、宮崎で実証実験開始へ

コワーキングスペースの活用イメージ
コワーキングスペースの活用イメージ全 7 枚写真をすべて見る

宮崎大学とNEXCO西日本および九州アイランドワークは、高速道路では全国初となる、サービスエリア(SA)にコワーキングスペースを設置する共同研究・社会実験を、1月20日より宮崎自動車道 山之口SA(上り線)にて開始する。

コワーキングスペースとは、作業スペースやミーティングルームなどを共有しながら仕事を行う施設や空間のこと。最近では、在宅勤務を行う専門職従事者や起業家、フリーランスだけでなく、学生や副業、パラレルキャリアを始める人、出張が多い人など、様々な職種の人がコワーキングスペースを利活用している。また、働き方改革の一つとして挙げられている「テレワーク」を実践する場所としても利用されており、人材交流や共創といった利用者同士の新しい関係性をつくり出す場所としても注目されている。

今回の共同研究・社会実験では、宮崎自動車道 山之口SA(上り線)にコワーキングスペース「KIW-Workbox山之口SA」を1月20日(月曜)から令和3年3月末(予定)まで設置。高速道路が潜在的に持つ可能性創造の観点から、コワーキングスペースを介した新たな移動形成等について検証する。

施設は冷暖房完備で、最大4名のミーティングテーブル、カウンターテーブル席(4席)、無線Wi-Fi、電源コンセント、モニターディスプレイも用意。今後はビジネス本や地域のガイド誌、地域の定量データ資料など地域色の高い書籍を設置する予定だ。

スノーピーク社製の「住箱(ジュウバコ)」を改修したコワーキングスペースを設置スノーピーク社製の「住箱(ジュウバコ)」を改修したコワーキングスペースを設置

利用時間は8時から19時(予定)まで。スマートキーアプリで予約でき、1時間200円で利用できる。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  3. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  4. ついに「四輪操舵システム」搭載!メルセデスベンツ GLC 次期型、登場は2022年前半か
  5. フィアット 500EV に全身レッド仕様、ウイルス対策装備も…欧州発表
  6. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  7. キャンピングカーにトイレは必要? 気になる疑問に答える「みんなのアンケート」提供開始
  8. 体温、何度で仕事を休む?…3つの節目 タニタ意識調査
  9. オートバックスグループ、「AUTO IN車検・タイヤセンター」6店舗を運営開始
  10. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
ランキングをもっと見る