SUPER GT で鍛えたポテンザの“限界”…ブリヂストンが東京オートサロン2020で公開

ブリヂストン(東京オートサロン2020)
ブリヂストン(東京オートサロン2020)全 11 枚写真をすべて見る

高熱でこんなに溶け出すのか……。過酷なレースの舞台で、クルマと地面が唯一接するのがタイヤ。ブリヂストンは、国内4輪モータースポーツで使われているタイヤを中心に、競技用車両や人気車などにプレミアムホイールを履かせて東京オートサロン2020に展示した。

マッドブラックのトヨタ『スープラ』や、メルセデスAMG『GT 63 S 4MATIC+』には、標準装備タイヤからブリヂストンスポーツタイヤブランド「POTENZA」シリーズに履き替えさせて展示。

また SUPER GTレクサス「TEAM KeePer TOM'S」2019シーズン チームチャンピオン車両も展示し、レース用ポテンザも紹介。注目を集めたのは、GT500クラスのレクサス「TEAM LEMANS WAKO'S 4CR LC500」で使ったレース用タイヤの使用前・使用後を比較展示したコーナー。

使用後は、過酷なグリップ環境で耐えたタイヤ表面が、高熱で溶け出しているのがよくわかるうえに、内側と外側で摩耗の変化が違うのも確認できた。

またホイールもずらっと展示。POTENZAやスポーツ車両にマッチするプレミアムホイールブランド「prodrive」も、「GC-05R」「GC-0100s」「GC-0100」「GC-05N」「GC-012L」とフルラインナップで展示した。

《大野雅人》

この記事の写真

/

ピックアップ