ホンダ、双方向充電器を英国に設置…EVの ホンダe が市役所に電力供給

ホンダが英国ロンドンに設置した双方向のEV充電器
ホンダが英国ロンドンに設置した双方向のEV充電器全 4 枚写真をすべて見る

ホンダ(Honda)の欧州部門は1月16日、英国ロンドンに双方向のEV充電ステーション5基を設置した、と発表した。

これは、2019年春にスイスで開催されたジュネーブモーターショー2019で発表されたホンダと「モイクサ」(Moixa)社のコラボレーションから生まれた最初のプロジェクトだ。

モイクサは、リソースアグリゲーション技術に秀でた企業だ。EVバッテリーの充放電管理と容量管理を取りまとめることで、EVユーザーが利益を得る仕組みを提供している。

今回、英国に設置された双方向のV2G充電ステーションには、モイクサの「GridShare」スマートソフトウェアが組み込まれている。グリッド電力が最も安くクリーンな時に、EVバッテリーの充電を最適化する。

ホンダは、EVをすべての充電器に接続すると、スマートテクノロジーによって、『ホンダe』などのEVが、英国イズリントン市役所に電力を供給することが可能、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・ヤリス・ハイブリッド 新型(欧州仕様)
  • マツダ MX-3 だけじゃない!観音開きドアを採用した7台。写真はマツダ RX-8
  • レオン・ハスラム選手の走り
  • 一関・平泉バルーンフェスティバル(10月16日)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV