【WRC】2020年カレンダーからチリ戦が外れ、当初予定より1戦減の全13戦に…最終戦ジャパンは「第13戦」

2019年のWRCチリ戦。
2019年のWRCチリ戦。全 8 枚写真をすべて見る

20日、世界ラリー選手権(WRC)の今季2020年カレンダーにおける変更がWRC公式サイトで発表された。チリ戦が外れ、全14戦の当初予定が全13戦に縮小。ラリージャパンの日程と最終戦たる位置付けは不変だが、「第13戦」ということになっている。

2020年のWRCは全14戦でカレンダーが組まれていたが、昨年末からチリ戦の開催中止が話題にあがっていた。国内の情勢不安に伴う政治日程との重複が理由とされ、ラリーチリの主催サイドからは昨年のうちに中止の発表があったという。そして今回、WRCサイドから正式にチリ戦が2020年のカレンダーから外れた旨が発表された。

代替戦が入ることはない模様で、全13戦のシリーズ構成となる。チリ戦は第4戦として4月16~19日に入っていたが、これが外れ、以降のラリーはラウンド数的にはひとつずつ前倒しに。10年ぶりに復活し、愛知・岐阜での初開催を迎えるラリージャパンは最終戦であること、そして日程面(11月19~22日)にも変化はないが、第14戦ではなく「第13戦」となった。

なお、今回の発表では上記以外の変更として、アルゼンチン戦の開催時期が1週早まることも明らかにされている。以上を踏まえた現段階での2020年WRC開催カレンダーは下記の通り。

第1戦 モナコ 1月23~26日
第2戦 スウェーデン 2月13~16日
第3戦 メキシコ 3月12~15日
第4戦 アルゼンチン 4月23~26日
第5戦 ポルトガル 5月21~24日
第6戦 イタリア 6月4~7日
第7戦 ケニア 7月16~19日
第8戦 フィンランド 8月6~9日
第9戦 ニュージーランド 9月3~6日
第10戦 トルコ 9月24~27日
第11戦 ドイツ 10月15~18日
第12戦 英国 10月29日~11月1日
第13戦 日本 11月19~22日

間近に迫った開幕戦は伝統のラリーモンテカルロ。トヨタ(TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team)からはセバスチャン・オジェ、エルフィン・エバンス、カッレ・ロバンペラの新レギュラードライバー陣が「ヤリスWRC」で今季初戦に臨む。また、今季はジャパンを含む8戦で「ヤリスWRC」を駆ることが決まっている日本期待の勝田貴元、彼もモンテで今季初戦を迎える。

《遠藤俊幸》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV