アウディ A6/A7スポーツバック、2リットルモデルを追加 マイルドHV搭載で燃費向上

アウディ A6(左)とアウディ A7
アウディ A6(左)とアウディ A7全 5 枚写真をすべて見る

アウディジャパンは、『A6』および『A7スポーツバック』に2.0リットルTFSIエンジン搭載グレードを追加し、1月22日より発売する。

2.0リットルTFSIエンジンは、直噴ターボ技術により最高出力245ps/最大トルク370Nmを発生し、今回新たに12Vのマイルドハイブリッド(MHEV)システムを組み合わせた。ベルト駆動のオルタネータースターター(BAS)はクランクシャフトにつながっており、エネルギー回生とスムーズなエンジン再始動を実現。BASは最大5秒間、6kWと60Nmの力でエンジンをアシストでき、回生・アシスト効果により100km走行あたり最大0.3リットルの燃費削減(欧州測定基準)を可能としている。

トランスミッションはデュアルクラッチ式の7速Sトロニック、クアトロシステムはインテリジェントなAWDクラッチを備えるタイプを採用。高効率と高いドライビングダイナミクスを両立する。また、MHEVシステム用に追加されたリチウムイオンバッテリーは0.15kWhの容量を持ち、エンジンルーム内に配置している。

そのほか、スマートフォンライクな操作を実現するMMIタッチレスポンスは、3.0リットルモデル同様に標準装備。快適性とハンドリングを両立するダンピングコントロールサスペンションやダイナミックオールホイールステアリングはオプションで選択できる。

価格は「A6 45 TFSI クアトロ」が740万円、「A6アバント 45 TFSI クアトロ」が776万円、「A6 45 TFSI クアトロ スポーツ」が835万円、A7スポーツバック 45 TFSI クアトロが819万円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アウディ S6アバント(左)とS6
  • アウディ A7スポーツバック 40TDIクワトロ
  • ABT RS7-R
  • アウディ A6 40 TDI クワトロ(左)/A6アバント 40 TDI クワトロ
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ