FCA、5世代目車載インフォテインメント「Uconnect 5」発表…5倍の処理速度を実現

FCAの5世代目車載インフォテインメント「Uconnect 5」
FCAの5世代目車載インフォテインメント「Uconnect 5」全 6 枚写真をすべて見る

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は、5世代目となる車載インフォテインメントシステム、「Uconnect 5」を発表した。世界150か国以上で販売されるFCAのグループ各車に、順次搭載される予定だ。

Uconnect 5は、グーグルの「Android」の自動車オペレーティングシステム(OS)の採用と、従来に対して5倍の処理速度が特長だ。これにより、直感的なユーザーエクスペリエンスを可能にしている。12.3インチの大型画面は、ウルトラHDで最大1500万ピクセルとなる。

Uconnect5では、最大5つのユーザープロファイルとバレットモードでパーソナライズできる。ボタンを押すだけで、車両の各種設定が簡単に変えられる。また、カスタマイズ可能なホーム画面により、頻繁に使用する機能にワンタッチ操作で素早くアクセスできる。

Uconnect5では、アマゾンの「アレクサ(Alexa)」の「Home to Car」機能を拡張した。これにより、自然な音声認識と「Car to Home」機能を備えた車載アレクサの仮想アシスタントを追加するという。

ワイヤレスの「Apple CarPlay」とワイヤレスの「Android Auto」により、接続と共有が簡単に。新しいTomTomナビゲーションには、自然な音声認識機能が採用される。

ソフトウェアのアップデートは、無線通信の「Firmware Over The Air(FOTA)」によって行われる。また、システムソフトウェアとハードウェアの改善により、注意散漫な運転を防止する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジープ・グランドチェロキー(米国仕様)
  • FCAのアメリカ、オーバーンヒルズ本社
  • FCAのラムブランドの商用車
  • FCAの個人間でのカーシェア支援アプリ「I-Link」のイメージ
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ