ホンダ レブル250、全灯火類をLED化…純正アクセサリー標準装備の新タイプも追加

ホンダ レブル250(マットジーンズブルーメタリック)
ホンダ レブル250(マットジーンズブルーメタリック)全 8 枚写真をすべて見る

ホンダは、クルーザーモデル『レブル250』の仕様を充実させるとともに、純正アクセサリーを標準装備した『レブル250 Sエディション』をタイプ追加し、3月19日に発売する。

レブル250は、タフでクールなイメージのスタイリングと、軽量で取り回しやすいサイズの車体に、扱いやすい出力特性のエンジンを搭載したクルーザーモデルだ。

今回の仕様向上では、ヘッドライト、ウインカー、テールランプに、スタイリングをより引き立てるLEDを採用。メーター内にギアポジションを表示するインジケーターを追加するとともに、ウインカーインジケーターを左右独立点滅とするなど視認性を高めた。

また、クラッチ操作の荷重低減を行い、急なエンジンブレーキ時のリアタイヤの挙動を抑制するアシストスリッパークラッチの採用や、クラッチレバーの形状変更、さらに、前後サスペンションの仕様を変更することで扱いやすさと乗り心地を向上させた。

タイプ追加するレブル250 Sエディションは、主体色と同色のヘッドライトカウルや、重厚感を演出するフォークブーツとフォークカバー、ブラックアウトされた車体のアクセントとなるブラウンのカラーシートを標準装備することで、個性を演出している。

レブル250のカラーリングは新色の「マットジーンズブルーメタリック」に、従来色の「マットフレスコブラウン」「マットアーマードシルバーメタリック」を合わせた全3色、Sエディションは「マットアクシスグレーメタリック」1色の設定としている。

価格はレブル250が59万9500円、レブル250 Sエディションが63万8000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ