災害で見直されたアウトランダーPHEV…ジャパンキャンピングカーショー2020

キャンピングカーショー:西尾張三菱自動車販売
キャンピングカーショー:西尾張三菱自動車販売全 7 枚写真をすべて見る

西尾張三菱自動車販売は、キャンピングカーの架装や関連のオプション装備に対応するディーラーだ。ジャパンキャンピングカーショー2020で注目を浴びていたのは、『アウトランダーPHEV』と『デリカD:5』の車中泊キャンパーだ。

デリカはディーゼルならではトルクと三菱の4WDによって、道を選ばないキャンピングカーだ。用意された装備としては、ポップアップルーフテント、内外装装備用のリチウムイオン電池、FFヒーター、ソーラーパネル、1500Wのインバーター(DC→AC)、フロントの回転シート、車中泊用のベッドなど。展示車はこれらがフル装備される。

アウトランダーPHEVは、ポップアップルーフテントと車中泊用ベッド以外は目立った装備はないが、PHEVの場合、電源にはこまらないので、家庭用のテーブルタップがあれば、好きな家電製品を持ち込める。定格出力は1500Wだが、節約すれば1日くらいの停電ならPHEVのバッテリーで家の冷蔵庫くらいは動かせるという。エンジンでの発電と併用すれば10日ほど持たせることができる。

2019年の台風や自然災害では、EVやPHEVを家の電源代わりにした人もいた。V2Hなど車両から家に電力を供給する機械が必要だが、車中泊ベッドもあれば避難生活にも対応できる。

キャンピングカーショー:西尾張三菱自動車販売キャンピングカーショー:西尾張三菱自動車販売

西尾張三菱の装備の特徴は、ポップアップルーフ以外、どれもディーラーオプション扱いで購入、装着ができることだ。ルーフの架装はコンプリートカーになるので、車両持ち込みでの改造は対応してもらえないが、リチウムイオン電池やソーラーパネルなども、フロアマットやドアバイザーの感覚で注文、取り付けが可能だ。

そのため、どの装備も、後席や3列シート、ラゲージスペースなどの装備は純正のまま使うことができる。

アウトランダーPHEV(ベッド展開時)アウトランダーPHEV(ベッド展開時)

注文は全国からくるという。遠方の場合、オプションの修理やメンテナンスが心配になるが、この場合のサポートは日本RV協会の加盟ディーラー、整備工場などが対応してくれる。

《中尾真二》

【画像】災害で見直されたアウトランダーPHEV…ジャパンキャンピングカーショー2020(7枚)
三菱 デリカD:5の燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. 前代未聞!20代女子がホワイトレタータイヤにどハマり!トーヨータイヤ『OPEN COUNTRY A/T EX』で検証してみたPR
  3. ついに「四輪操舵システム」搭載!メルセデスベンツ GLC 次期型、登場は2022年前半か
  4. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  5. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  6. フィアット 500EV に全身レッド仕様、ウイルス対策装備も…欧州発表
  7. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  8. 歴代のダットサンが集結…昭和平成なつかしオールドカー展示会inアリオ上田
  9. 風力発電の電気で製造…BMW i3 フォーエバー仕様 11月に欧州で発売
  10. 体温、何度で仕事を休む?…3つの節目 タニタ意識調査
ランキングをもっと見る