国産初の大型路線ハイブリッド連節バス、日野が横浜市に納入

横浜市に納入した大型路線ハイブリッド連節バス、日野ブルーリボン・ハイブリッド連節バス
横浜市に納入した大型路線ハイブリッド連節バス、日野ブルーリボン・ハイブリッド連節バス全 1 枚写真をすべて見る

日野自動車は2月5日、国産連節バスとしては第1号となる大型路線ハイブリッド連節バス、日野『ブルーリボン・ハイブリッド連節バス』を横浜市に納車したと発表した。

ブルーリボン・ハイブリッド連節バスは、日本の道路事情を踏まえた車両寸法とし、ハイブリッドシステムの採用で省燃費を実現した。ドライバー異常時対応システム(EDSS)を標準装備するとともに、乗降性やバリアフリーにも配慮している。

環境負荷低減に寄与しながら、安全、効率的な大量輸送を実現し、地域の移動需要増大や回遊性向上といったニーズに対応する」としている。

バスは空と海をイメージする青のボディとし、横浜市のシンボルとして定着することを目指す。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日野のコネクテッドトラックを「MOVO Fleet」に対応
  • トラックドライバー向け「スペシャルナビパック」を販売
  • 日野プロフィア
  • トヨタ・ヤリス
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG

ピックアップ

Response.TV