シボレー コルベット 初代から60年代まで[ヒストリー]

1953年
1953年全 29 枚写真をすべて見る

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、米国を代表するハイパフォーマンス・スポーツカーのシボレー『コルベット・スティングレイ』を、1月10日に東京オートサロン2020で日本初公開し、同日より予約受付を開始した。

「コルベット」は、おそらく世界で最も長く同一名称で継続して生産されているスポーツカーだ。シボレー・コルベットは1953年1月17日に、ニューヨークで開催されたGMの“モトラマ”ショーでコンセプトカーとしてデビューし、6月30日から300台の台数限定で生産された。

1953年モデルは全てポロホワイトのエクステリアと赤のインテリアで、価格は3498ドルだった。後に2006年のオークションで、3台目に生産された1953年式のコルベットは106万ドルで落札されている。

コルベットのエンジンは1955年まで直列6気筒エンジンを搭載していたが、その後は“スモールブロック”V8を標準エンジンとしている。

8世代目となる新型コルベットは、歴代初となるミッドシップの駆動レイアウトになった。さらにコルベットでは初めての右ハンドル車が生産され、日本市場へはその右ハンドル仕様が導入される。

《高木啓》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV