誰もがシームレスに移動できる「Universal MaaS」の実現へ ANAや京急など連携

ANA(羽田空港)
ANA(羽田空港)全 4 枚写真をすべて見る

全日本空輸(ANA)、京浜急行電鉄、横須賀市、横浜国立大学は2月7日、さまざまな理由で移動にためらいのある人に提供する移動サービス「Universal MaaS」の社会実装に向けて連携すると発表した。

「Uiversal MaaS」は、障がい者、高齢者、訪日外国人など移動にためらいのある人に、快適でストレスない移動を提供するためのサービス。公共交通機関の運賃、運航・運行状況、バリアフリー乗り継ぎルートなどの情報をアプリで提供するとともに、利用者のリアルタイム位置情報や利用者が必要とする介助の内容を交通事業者、自治体、大学が共有し連携することによってシームレスな移動体験を実現するもの。

4者は2019年6月から産学官共同プロジェクトを開始。羽田空港第2ターミナルから横須賀美術館までの移動で、開発中の「お客さま用アプリ」、「サービス提供者用アプリ」を用いた実証実験を通して、車いす利用客と各サービス提供者双方の意見を反映した「Universal MaaS」のプロトタイプを構築した。

今後、さまざまな特性を持つ利用者や各サービス提供者での試用してもらい、サービス提供者間で連携して2020年度内の社会実装開始を目指す。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 人吉市内での復旧作業(7月30日)
  • (イメージ)
  • (イメージ)
  • (イメージ)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ