バスターミナルで先進的警備システムを実証実験へ 東京駅八重洲南口

東京駅八重洲南口バスターミナル
東京駅八重洲南口バスターミナル全 5 枚写真をすべて見る

国土交通省は、不特定多数が集まる公共交通機関の施設におけるテロ対策の推進を図るため、東京駅八重洲南口バスターミナルで先進的警備システムの実証実験を2月14~21日に実施する。

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、バスターミナルなど、不特定多数が集まる公共交通機関の施設に対するテロ対策が重要となっている。このため、国土交通省は不審人物や不審物を自動で検知できる「先進的警備システム」のバスターミナルの導入に向けて、実証実験を実施する。

実験場所に取り付けたカメラを使って不審行動者や不審物を検知する実験を行う。実験にはセントラル警備保障、綜合警備保障、パナソニックシステムソリューションズジャパンが参加する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 首都高
  • 住商グローバル・ロジスティクスの「日中ルート配送から夜間ルート配送への転換」
  • 成田空港(3月26日)
  • トヨタのEV、e-Palette(東京2020仕様)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ID.4 クーペ版プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV