トヨタ、ハイエース など8万8000台をリコール 走行不能となるおそれ

トヨタ・ハイエース
トヨタ・ハイエース全 2 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車は2月12日、『ハイエース』および『レジアスエース』の自動変速機に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2014年12月9日~2019年1月19日に製造された8万8969台。

対象車両は、エンジン制御用コンピュータ(ECU)内の変速油圧制御プログラムが不適切なため、変速の際、油圧が過度に高くなることがある。そのため、急加速等を繰返すと変速機内のクラッチが損傷して加速不良が生じ、最悪の場合、走行不能になるおそれがある。

改善措置として、全車両、ECU内の変速油圧制御プログラムを対策仕様に修正する。

不具合は6件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダンロップ SP175N
  • ECOPIA RD613
  • トヨタ ハイエース
  • 少人数制の通勤専用シャトル(イメージ)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真

ピックアップ