トヨタ クラウン、2万8000台をリコール モールディングが脱落するおそれ

トヨタ クラウン RSアドバンス(2018年)
トヨタ クラウン RSアドバンス(2018年)全 2 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車は2月12日、『クラウン』のクォータウィンドウガラスに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2018年8月20日~2019年2月18日に製造された2万0579台。

対象車両は、後席ドア後部のクォータウィンドウガラスのモールディングをガラスに接着するための下塗り剤(プライマー)の選定が不適切なため、温度変化の繰返しにより、モールディングに応力が生じて接着部が剥がれることがある。そのため、浮きや異音が発生し、最悪の場合、モールディングが脱落するおそれがある。

改善措置として、全車両、モールディング接着のための下塗り剤を対策品に変更したクォータウィンドウガラスと交換する。

不具合は52件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・クラウン(2008年)
  • トヨタ クラウン 新型
  • トヨタ クラウン 特別仕様車 RSリミテッド(2.5Lハイブリッド車)
  • トヨタ クラウン アスリート 2017 警察本部警備部要人警護車両(上段左)、トヨタ クラウン アスリート 2017 北海道警察交通部交通機動隊車両(上段右)、レクサス RC F “F 10th アニバーサリー
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真

ピックアップ