UDトラックス クオン、1万4000台をリコール 駐車ブレーキが解除できなくなるおそれ

自動車 テクノロジー 安全
UDトラックス・クオン(参考画像)
UDトラックス・クオン(参考画像) 全 2 枚 拡大写真
UDトラックスは2月13日、大型トラック『クオン』のエアドライヤー(エア圧力テスト用コネクタ)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2017年4月28日から2019年7月22日に製造された1万4444台。

対象車両は、エアドライヤーにおいて、圧縮空気の圧力テスト用コネクタの材質が不適切なため、エアコンプレッサで作られた圧縮空気中に含まれる成分および高圧力等によって、コネクタが腐食割れして圧縮空気漏れを起こすことがある。そのため、亀裂が進行すると圧縮空気の供給量が追い付かなくなるため、エア圧力低下の警告ランプ点灯および警報が鳴り、最悪の場合、駐車ブレーキが解除できなくなり走行不能に至るおそれがある。

改善措置として、全車両、エア圧力テスト用コネクタを対策品に交換する。

不具合は10件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

編集部ピックアップ