ヤマト運輸、EVウォークスルートラックのモニター稼働開始…「グリーン物流」実現へ

エルフEVウォークスルーバン
エルフEVウォークスルーバン全 5 枚写真をすべて見る

ヤマト運輸は2月14日、「グリーン物流」の実現に向け、いすゞ自動車が開発した『エルフEVウォークスルーバン』を導入し、モニター稼働を開始したと発表した。

ヤマトグループは、1月23日に発表した経営構造改革プラン「YAMATO NEXT100」の環境ビジョンとして「つなぐ、未来を届ける、グリーン物流」を掲げ、環境や生活、経済によりよい物流の構築を目指している。その実現には車両のEV化が重要であり、これまでもヤマト運輸は日本で初めての宅配に特化した小型商用EVトラックをストリートスクーター社と共同開発し、導入を進めてきた。

今回ヤマト運輸では、中型商用トラック(車両総重量3.5トン以上7.5トン未満、準中型免許以上で運転可能)のEV化に向けて、いすゞ自動車が開発したエルフEVウォークスルーバンを1台導入する。同モデルはEVであるとともに、車から降りることなく運転席から荷台へ移動できるウォークスルー構造を採用。CO2削減とセールスドライバーの労働環境向上に寄与する。ヤマト運輸は、グリーン物流の実現に向けて、小型商用EVトラックの導入に続き、中型商用EVトラックの本格導入に向けて、神奈川県藤沢市でモニター稼働を始めた。

ヤマト運輸では、EVトラックの導入を引き続き推進し、CO2削減や大気汚染防止への貢献を目指すとともに、グリーン物流を体現するべく、最適な低炭素車両の開発と導入、再生エネルギー利用、スマートモビリティなど物流の最適化に向け取り組んでいく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 位置図
  • ダブル連結トラック
  • 宅配便(佐川急便)
  • 飯能市での客貨混載の出発式
  • フィアット 500 新型 ハードトップ開発車両(スクープ写真)
  • アウディ RS3 セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • スズキ ジムニー スポーツライン ブラック エディション
  • シトロエン C4 カクタス 後継モデル 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ